鍵紛失時にディンプルキーへ交換する人が増えている

一般的な鍵は差し込み部分がギザギザの状態になっていますが、ディンプルキーは差し込む部分にくぼみが付いています。この形状はピッキング対策に高い効果を発揮することができ、鍵をディンプルキーへと交換しておけば空き巣や泥棒による被害を十分に予防することができます。使いやすさも優れているため、子供や高齢者の方でも簡単に使いこなせます。そのため最近では防犯性を重視し、鍵紛失時などの機会にディンプルキーに取り替えるという方の数が増えてきました。

ディンプルキーが防犯に強い理由

鍵の交換を行なう際は防犯性の高いディンプルキーを選択するのが最適ですが、この鍵にはさまざまな特徴があります。まずは鍵の専門業者がディンプルキーをおすすめする理由をチェックし、どのような特徴があるのかを調べてみましょう。

鍵業者が教えるディンプルキー

一般的なカギとは構造が異なっている(鍵開け業者)

ディンプルキーの表面には大きさや深さが異なるくぼみが多く付いており、この形状とシリンダーが適合することでロックを解除することができます。くぼみの配置とシリンダー内部のピンは全て1:1で対応しているため、くぼみの数が一つ足りないだけでも鍵を開けることはできません。そのため形状の似た合鍵を作っても、ディンプルキーを開けることは不可能です。

ピッキング対策には有効なカギ(カギの専門家)

一般的な形状の鍵と作りが大きく異なるディンプルキーは、プロでも鍵を開けるのに10分以上かかります。そのため空き巣や泥棒の被害に遭う可能性がとても低く、鍵をディンプルキーに変更しておくだけで自宅の防犯性は大幅にアップします。実際窃盗犯の多くは鍵を開けるのに5分以上かかった場合、侵入を諦めることが多いです。

家族全員の安全を守りたいと考えている方は、自宅の鍵をディンプルキーへ交換しましょう。万が一自宅の鍵を紛失した場合は鍵開けを依頼するついでに、ディンプルキーへの交換も行ないましょう。

TOPボタン